FC2ブログ
(株)特発三協製作所はウェーブワッシャーだけではねーでげす。

マルチフォーミング加工技術により

プレスでは加工出来ない様な複雑な形状や

丸~い曲げなんかを得意としとるんです。

とりあえず、こんな機械
繝輔か繝シ繝溘Φ繧ー_convert_20090718094127

こんなの材料を上部写真の右側から左側へ送ってバネに成形します。
koiruzai.jpg

加工する方法ですが

マルチフォーミング機には

大きく分けて「フォーミング」と「スタンピング」と言う2つの機構で

成り立っています。

まずはスタンピング
sutanpingbubun.jpg
上部写真の左側モニター下の部分です。

スタンピングとは

簡単に説明すると打ち抜きや、簡単な曲げを行う

プレス部分だととらえてもらえれば良いと思います。


続いてはフォーミング
fo-minngububun.jpg
これが実際に曲げ加工を行う部分です。

写真の通り周囲360(上下左右)から

曲げパンチ(曲げ治具?)がスライドして曲げ加工を行います。

曲げた品物は
seihinndeterutoko.jpg
この部分から排出され

seihin(hako).jpg
箱の中にためて行き、次工程へ流していきます。

出来上がった製品は
banekyappu.jpgga-nisyu.jpg
guriru.jpgkuikufasuna-.jpg

この製品の、ほとんどは材料を購入した幅のまま加工しているので

プレスに比べて材料ロスが非常に

少ない!ので御座います。

と言う事は、どう言う事かと申しますと

材料コストがプレスに比べて少ない。

そう、ものによっては材料コストを下げる事が出来ると断言致します!


そんなマルチフォーミングを特発三協製作は

25台も持っているので

色々融通が利くナイスてぇ事ですわ。

直接 部品を描く(考える)技術部の方など

あまりマルチフォーミングって知らないんですよねぇ~

こんな機械があるんなら

「こんな形できんじゃねーの?」って思われた貴方!

そう、それが特発三協の経営方針です。

お客様の「こんな形できるかな?」に挑戦します!


って、事で こんな事が出来ますよ~って話でした。





ウェーブワッシャー・皿ばね・薄板バネは特発三協製作所まで!
特発三協ホームページ
ホームページへ!hogehogeへ!ホームページへ!




ブログ王
クリック!クリック!クリック! ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング  ビジネスブログランキング
クリック応援お願いします。
スポンサーサイト



テーマ:仕事の現場
ジャンル:ビジネス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック