上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を書いている今は
すでに残りの桜も散り
八重桜ぐらいしか残ってない?のではないでしょうか。

そんな月曜日は

入学式に行ってきました。
NYU-GAKUSIKI20160414.jpg 
我が母校であります。

私が卒業してから二十数年の時を経ましたが
入学式が行われた体育館は昔と変わっていませんでした。

校歌なんてのも完全に忘れていましたけど
曲が流れたとたん思い出して歌えました。

記憶ってのは凄いもんです。

そして校舎から眺める運動場
NYU-GAKUSIKI220160414.jpg 
多少の変化はありますが、ここも昔のまんま。

制服も変わっていませんでしたし
何もかもが昔のまんま。

懐かしかったです。


しかしまぁ、あれですね。
そりゃ私の時にも校則ってのはありましたけど
今は厳しいですね。

「入学のしおり」に服装(髪型)とかも記載されているんですが
前髪は目にかからない長さ。ってのがあったんです。

眉毛が見えてるぐらいの前髪だったんで大丈夫だろう・・・いや、心配すらしてなかったんですが
前髪に手をあてて「目にかかるからダメ」って言われて帰ってきたそうです。

は?
↑こうなりましたね。

普通にしてたら目にかかってない(かからないどころか眉毛も見えてる)状態を
わざわざ押し下げて目にかかってる。なんて理不尽すぎやしませんか?

一体何が基準になってるの?
もちろん校則ですよね。
校則にそんな事が書いてあるの?

学校に電話してやろうかと思いましたがとめられました。

やりすぎな感じしますけどね~
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。