1年に一度行っている避難訓練を
昨日1月20日(水)に実施しました。

今までの避難訓練は
例えば火災である場合
「何日の何時に行う」と予告し
その時間になると放送を行い、避難経路を通って避難場所(駐車場)へ避難し
点呼をとって解散・・・と言う簡単な流れでした。

以前の訓練の時に
「火事を想定してやってるけど消化って誰がすんの??」
と言う当然の意見があり
その事も踏まえ「火災」を想定した訓練にする事にしました。

その中でも今回大きく変更した事といえば

「日は指定するけど時間は秘密」
この様にする事にしました。

本当は日も秘密にしようかと思いましたが
いきなりやっても、どうなるか分からないし
とりあえずは時間だけ未定にして実施を試みました。

こうする事で、沢山の問題点が出て良いだろうと思って。。。

すると・・・

面白い具合に問題が発生するんですよ。
実施前に。

どんな問題か・・・・

情報が漏れる漏れるw

情報が漏れて避難経路付近にある物を予めどかして
わざわざ逃げやすくしたり

どこからどう、そうなったのか分からないけど
実施するウソの時間まで噂が流れる始末w


いつも通りの物の置き方で
実際に避難する際に邪魔になる事で
ここは問題だから直しておかなきゃな。って皆が気づかなきゃ意味ないし
そんな事をして訓練は避難できたけど
実際発生した時に直ってなきゃ安全に避難できないんですけどね。


そんな意識のまま避難訓練してたら

本当に災害があった時に


死人でちゃいますよ!


まぁ良いんです。今回はこれで。

そう言う問題点があるって事が分かりました。


会社には一応避難経路があるけど
もし、その避難経路にある出口が使えないってなった場合は
みんな、どこから避難するのか?

事務所(2F)の出入り口が使えなくなった場合
避難梯子はあるけど、それって本当に使えるのか?

とか、色々考えるところもあるので
そう言うところも踏まえて今後の訓練に活かしていきたいですよね~


と言うことで
今年の訓練は、そんな感じでした。
kunren20160121.jpg
kunren220160120.jpg


フルフル

株式会社特発三協製作所
兵庫県尼崎市下坂部3-6-1
TEL 06-4960-4300 FAX 06-4960-4301
会社ホームページ: http://www.tokuhatsu-sankyo.co.jp/
ウェーブワッシャーホームページ:http://www.wavewasher.jp/
NCネットワークページ:https://www.nc-net.or.jp/company/75706/
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック