上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非常に私事で恐縮ですけども

今期の初めに行われるマネジメントレビューで

「熱処理技能士の試験受けさせてっ」

と言う声を挙げました。


なぜかと言うと

あまりにも知識がなさすぎる。
その為には勉強が必要。

でも、この年齢になって
自ら勉強するってなかなか難しいところもあるんで

勉強するキッカケを作って
知識を得ながら、技能士にもなっちゃおう!と言う感じにしてみました。


自分から受けさせて欲しいと言ったものの
テキスト開いてもチンプンカンプンw

さてどうする・・・


熱処理の事は熱処理のプロに聞け!

まさにそれ。

教えてもらいに行きました。

そもそも文系の私が理系の勉強をすることに無理があるんですけど
見事に煙が出そうでしたねw

それに
ばねの試験は過去に実績があるから
どんな感じで試験が進むか分かってましたけど
熱処理の試験を受けるのは会社で初めてなわけで
何もかもが手探りなわけです。


まぁ、なんとかかんとか勉強し
まずは学科試験を受ける事になりました。
ginousi20151008.jpg
ばねの試験であれば
実技試験(実技と要素試験)があり
後日、学科試験です。

それが・・・

それが・・・ですよ


熱処理試験は
学科試験と実技試験のペーパーテスト

これが同日にあったんです。

私は、ばねの試験と同じだと思ってたんで
実技のペーパーテストの勉強を当日まで全く勉強してなかったんです。

ビビリましたよねw

学科試験からペーパーテストまで1時間ほど時間がありましたので
必死にバカな頭に叩き込み挑みました。

結果は(後日、解答が発表され自己採点できる)
ginousi220151008.jpg
学科試験は勉強してただけあって84点(足きり65点)

問題の実技のペーパーテストは
配点分からないけど50点満点で正解率75%

おぉ!意外と点数取れてるやんwって事で
合格に望みをつないだ感じになりました。


そして、また後日
今度は実技試験(まぁ、これも筆記試験なんですが)を受け

合格発表を待つのみとなりました。

正直なところ
実技試験が微妙な感じだったんで
絶対受かってる!って自信はありませんでした。

でも、受かってる気がするって言うのもありました。


どちらにしても運命の日は10月2日(金)

朝9時の時点で
ホームページで合格発表されると言う事だったんで

ドキドキワクワクの確認タイムが始まり・・・・結果

























はぁーーーーーーん!
合格!

ginousi320151008.jpg

見事に・・・いや
なんとか・・・技能士の資格を取ることができました。


久しぶりに得た感動でしたw

これで
金属ばね技能士1級
金属熱処理技能士2級
この2つを引っさげることが出来ました。


あとは、今回得た知識や失敗を活かさないといけませんね。

フルフル
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。